会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編 > 海外での会社設立時の商号

海外での会社設立時の商号

会社設立する場合は、必ず登記をする必要があります。
登記は義務付けけられておりますので、必ずどの会社も会社設立時には登記をします。
また会社には商号があります。
商号とは会社の名前です。
商号にはいくつかの決まりがあり、会社であるという事を含まなくてはなりません。
株式会社○○、合同会社○○といった様に、会社名の他に会社の種類を必ず商号に入れます。

では海外の法人の場合はどのようになるでしょう。
海外の法人の商号にも決まりがあります。
海外の会社の場合もやはり会社の種類を商号の中に含める必要があります。
「Ltd.」Limitedや「Inc.」Incorporatedと必ず入れることが義務付けられております。
これは日本の株式会社と同じで、Ltd.の方は構成員の責任があるという意味で、Inc.は法人化されたという意味があり、どちらも同じような意味になります。
またPte.は個人事業主など株式会社ではない場合です。
また海外に会社を設立する場合はその設立する国への登記が必要になります。
これは特に出向かなくても郵送でのやり取りで登記をすることが出来ます。

また会社を海外に作る場合は英語でのやり取りになります。
日本での登記も色々と書類を用意をしたり、なかなか面倒な手続きが多い中,更に海外ともなりますと法人を設立するとなりますと更に難しいというイメージがあります。
特に英語を苦手とする方にはかなりハードルが高いです。

商号を決めたり、海外に本店所在地いわゆる住所を決めたりなど、なかなか難しい状況ではあります。
そんな時に、海外法人設立の手続きを代行してくれる会社に依頼をするのもスムーズにできます。
これなら英語が全くできなくても、登記をすることはできますね。
また海外法人をよく扱っている税理士さんにその後の経理などを依頼するのもおすすめです。

海外法人の商号もやはり日本法人と同じように商号に会社の種類を入れる必要があるようですね。