会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編 > 会社設立の商号ドメイン取得まで

会社設立の商号ドメイン取得まで

会社の商号とは会社の名前です。
また最近ではインターネットの普及が急速に加速した時代を経て、昔は大きな企業やメーカーがホームページを持っているという時代でしたが、現在はどの会社も自社のホームページを持っている時代になってまいりました。
またインターネット上の住所でもあるドメインをホームページの作成には必要になります。
会社の本店所在地である住所があるように、ホームページにもその住所があります。

そのドメインはインターネットで検索をすると上の窓にURLというものが必ず表示されております。
そのhttpから始まり、最後は次のいずれかで示されております。
有名なところメジャーなものとしては.com .net があります。その他にも.jp .co.jp .ne.jpや.info .org .biz .mobi .asia などもございます。
この前に例えばヤフーならばyahoo.co.jpとなっておりますが、そのURLにも表示されているものがドメインです。

ドメインの取得には、すでにある同じものは絶対に取得できません。
これは万が一同じだった場合住所が同じという事になってしまい、同じホームページアドレスになってしまうのでそのようなことはあり得ません。
そのためドメインを取得したらそのドメインはあなただけのものです。

ドメインを取得して出来上がったホームページは実際にはサーバーにあります。
サーバーは大きな会社ならば自社で管理できますが、大抵の場合はレンタルサーバーを利用します。
利用料を払ってレンタルサーバー上にホームページを作成します。

では実際のドメインと会社の商号の関係ですが、出来ればドメインには会社の商号を入れたいですね。
そのため会社設立時には商号を決めたら、その商号でドメインが取得可能かどうかを確認するようにしましょう。
世界でひとつのドメインですので自分の会社の商号を入れて作ることが可能かどうかは必ず確認しておくと良いです。