会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編 > 商号を付ける時のポイント

商号を付ける時のポイント

会社設立をする際には、必ず商号を付けることになります。
これから末永く経営していく事になる会社の名前です。
この会社の名前は会社の顔とも言えます。
一度会社の商号を付ければ、その会社名を名乗ってこれから様々なビジネスをしていくのですから、適当に名前を付けることはできません。
自分の子供に名前を付けるように真剣に商号を決めていく必要があります。

商号を付ける際のポイントは、まずその名前をずっと名乗っていく事になりますので、呼びやすい親しまれやすい商号を付けると良いでしょう。
あまり長い名前や言いにくい名前はお勧めできません。
また豆知識として、会社の名前の由来は必ず明確に言えるようにしておくと良いでしょう。
ビジネスにおいてよく会社の名前の由来は何ですかという会話がありますので名前の由来をいつ聞かれてもある程度話せるように求めておくと良いですね。
またこの由来は社員にもしっかりと伝えておくと良いです。

また人名ももちろんそうですが、名前を付けたからにはそのせっかく命名した名前を後悔することのない会社の商号をつけたいものです。
ずっと使っていく名前です。
また相手の会社にも必ず株式会社〇〇の〇〇と申します。
というように会社名を名乗るのですから悔いのある名前では毎回名乗るのですからいい思いはしませんね。

また最近ではほとんどの企業がホームページを持っております。
その時によくある名前の会社の場合ドメインが取得できない可能性が高いです。
会社のホームページのドメインには会社名を入れることがほとんどですので、あらかじめドメイン取得が出来るかどうかを調べてから会社名を決定すると良いでしょう。
せっかく名前が決まり、登記をして会社が始動し始めてから、ホームページを制作の段階になり、ドメインが取得できなかったという事になっては大変です。
今後メールアドレスでも使用するので、ここは必ずチェックしておいたほうが良いポイントです。