会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編 > 商号には符号は使える?

商号には符号は使える?

会社設立時には会社の名前、商号を必ずつけることになります。
またこの商号を登記することで、会社の設立が出来ます。
2002年11月より以前は会社の商号にはアルファベットや記号符号などは使用することが出来ませんでした。
新会社法によりこれらの一部が使用できるようになりました。

使用できるようになったものは、アルファベット大文字小文字。
アラビア数字0~9まで、(&)アンパサンド(.)ピリオド(・)中点(’)アポストロフィー(空白)スペース(―)以上が使用できる符号になっております。
またこの符号の使用にも、一部ルールがあり、例えば・の連続使用などは不可です。
株式会社A・・商事というような場合です。

また個人事業主の場合は商号に会社という意味を持つ表示は出来ません。
例えば、それが英文であっても同じです。
CompanyやCo.Ltdといった表記も個人事業主の場合は出来ない決まりになっております。
逆に会社は会社であることを商号の中に含む義務があります。
株式会社○○、合資会社○○といった様に必ず会社であるという表記を入れます。

また()カッコは使用することが出来ません。
外資系などでかっこを含む会社の場合は・で代用する決まりとなっております。

次に支店というような表記は会社名には入れることが出来ません。
○○支店や○○営業所という表記は会社名ではできません。

また商号を決める際に以前は同一の商号のチェックがありましたが、新会社法の設立によりこのチェックがなくなり同一名の会社でも登記が出来るようになりました。
しかし、ここで注意が必要です。
例えば、有名会社と同一の名前にした場合はこれは営業妨害で訴えられてしまう可能性もあります。
ですので誰もが知っているような有名会社と同じ名前は避けるべきです。
これは必ず調べておくのが好ましいでしょう。

また会社名はある程度自由に決めることが出来ますが、会社の大切な名前です。
末永く使える名前を決めましょう。