会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編
会社設立ガイド 商号の付け方編 > 会社設立に商号の類似はNG?

会社設立に商号の類似はNG?

会社の名前の事を商号と呼びます。
また商号はいくつかの決まりがありましてその決まりを守って名前を付けることが決まっております。

しかし昔は必ず会社設立時には類似商号を調べることが義務付けられておりましたが、現在では「類似商号の規制」が廃止されましたので調べる必要はなくなりました。
ただし、新会社法ではこのように規定しております。
「何人も、不正の目的をもって、他の会社であると誤認されるおそれのある名称又は商号を使用してはならない。」(第8条第1項)
これは大きな会社、いわゆる有名な会社の名前を使用して同じ商号を用いて登記をすることが可能ではありますが、営業妨害として訴えられる可能性があります。
「故意又は過失により不正競争を行って他人の営業上の利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責めに任ずる。」という事が不正競争防止法の第4条で決められております。
これは有名な会社と同じ名前にしてその知名度を利用していると判断されてしまった場合は訴えられてしまう可能性があります。
誰もが知っているような有名企業と同じ名前はNGと考えておきましょう。
とくに人の名前のような会社は問題ないことが多いですが、個性のある有名企業の名前はNGです。

そのため新会社法により、登記は出来るようにはなりましたが、やはり類似の会社の商号があるかないかなどは調べておきたいところです。
知らずに後ほど問題になってしまっても面倒ですので、インターネットなどで検索をかけるのが安心です。
法務局で昔と同じように調べるか、インターネット登記情報提供サービスで調べるなど、念のため調べておくのが良いでしょう。
また近隣に同じ名前の会社があっても間違えが生じたりややこしくなりますのでやはり調べておくのが良いでしょう。

昔と違うのは登記自体は出来るようにはなっております。
ただ登記をした後で問題が生じてしまったり、また最悪のケースでは営業妨害にて訴えられてしまったりという事にならないように注意しましょう。